スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【裁判員 大阪高裁】「誤訳だ」差し戻し主張 英語使う独人被告側(産経新聞)

 覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などの罪に問われ、1審大阪地裁の裁判員裁判で懲役9年、罰金350万円の判決を受けたドイツ国籍のエステティシャン、ガルスパハ・ベニース被告(54)の控訴審初公判が2日、大阪高裁(湯川哲嗣裁判長)で開かれた。弁護側は「裁判員は誤訳で誤った情報を与えられ、被告の人格と主張がゆがめられた」と主張、1審判決を破棄して地裁に差し戻し、質の高い通訳人で裁判を行うよう求めた。

 湯川裁判長は冒頭、1審とは別の通訳人1人を選任。弁護側は「被告が信頼する通訳人の選任が不可欠」と主張、通訳人のレベルを確認するための尋問や、通訳の正確さを確認するために被告を弁護人の隣に座らせること、通訳人を2人に増やすことを求めたが、湯川裁判長は退けた。

 検察側は1審の通訳について「正当な意訳だった」と主張。弁護側は1審の録音資料をもとに「通訳は正確でなかった」とした言語学者らの鑑定書5通を提出し、1通が証拠として採用された。

 弁護人によると、ベニース被告の母国語は英語。捜査段階から一貫して無罪を主張するとともに、1審での通訳人に不信感を抱いていたという。

【関連記事】
「職場に迷惑」鹿児島まで出向いた裁判員候補
日本人被告が無罪主張「私はラインハルト」
スーパー強盗傷害の被告、被害者に土下座 群馬・前橋地裁
「被告ではありません」 裁判員裁判の初公判で一転、否認
知人暴行死で懲役10年 前橋地裁「残虐なリンチ」
「はやぶさ」帰還へ

自称NPO法人「あけぼのの会」代表自身も生活保護で転居 制度悪用か(産経新聞)
サイパン 戦時写真25枚 邦字紙アルバム米国で見つかる(毎日新聞)
天下り職員名をホームページで公表 福岡県、きょうから(産経新聞)
「職を引かせていただく」首相が辞意表明(読売新聞)
首相辞任 「朝、連絡があった」 渡部元副議長(産経新聞)
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:きのしたひではるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。